はぎわら不動産からのお知らせ

「査定価格」は不動産が「売れる価格」とは違う

こんにちは、はぎわら不動産(株)の萩原です。

今回は、不動産査定の注意点をお伝えします。

高く売りたい売主と媒介契約を取りたい不動産会社

不動産の売却を検討している方の一番の関心ごとは、我が家の不動産が「いくらで売れるのか」です。

この「いくらで売れるのか」の中身は「できるだけ高く売りたい」という気持ちの表れで、「これだけ高く売れますよ。」という専門家の言葉を求めています。

「できるたけ高く売りたい」という気持ちはどの方も持っているもので当たり前ですが、「高く売る」ことを目指すなら査定は注意が必要です。

最近は一括査定サイトが増えてきています。いくつかの不動産会社に査定をまとめて依頼して、一番高く査定してくれた不動産会社に売却を依頼しようと考える方が増えているからでしょう。

注意して頂きたいのは、不動産査定は査定業者が自ら買い取る価格ではないことです。車や、バイクなどの一括査定サイトは査定をした会社が自ら買い取りをするので一括査定をして比較するのは有効かもしれませんが、不動産の査定は仲介での売却となるのであくまでも「このくらいの価格で売れるでしょう」という単なる予想の価格です。

一括査定を受けた不動産会社は他の不動産会社と競争になるので、相場よりも高く査定価格を算出して、客観的に「とてもその価格では売れないでしょう」というような価格を平気で出しています。

これに売主側の「できるだけ高く売りたい」との心理が合致して、高く評価してくれる業者の言葉に安心していまい、喜んで売却を依頼してしまうという流れが出来上がります。

高く売るためには、高い査定価格ではなく戦略が必要

このような不動産売却では相場よりも高額な状態で市場に出るのでまず売れません。数か月ごとに価格を下げることにより、売れ残り物件としてのイメージが定着して結局は高く売れないことが多いでしょう。

不動産会社にとっては、価格が下がってもいつか売れればよいので不利益は結局売主が負担することになるからくりです。

不動産を高く売却する時に大切なのは「高く査定をしてもらう」ことではなく、高く売却するための戦略を立ててもうことです。仲介の場合は一般ユーザーに購入してもらうので、不動産会社の評価ではなく、購入者にどのように評価されるかが大切です。相場からかけ離れた価格で購入する方は殆どいません。

自らの不動産が「商品」としてどのような価値を持っているのかを把握し、少しでも付加価値を上げることを考え、効果的な広告をして多くの方に興味を持ってもらうことが大切です。

一括査定等で「一番高く査定してくれた業者に依頼すれば高く売れる」という安易な考えは「高く売る」ことには繋がらないので十分注意しましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP