はぎわら不動産からのお知らせ

不動産を売却する時に媒介契約の種類はどうすれば良いのか

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は不動産売却時の媒介契約の種類についてご紹介します。

不動産会社と締結する媒介契約(仲介契約)には3種類ある

不動産の売却時には、不動産会社と媒介契約(仲介契約)を締結しますが、これには3種類の契約形態があります。

①一般媒介契約・・・複数の不動産会社と契約できる形態で、他の不動産会社と同時に契約する場合はそのことを伝える必要がある「明示型」と通知が必要ない「非明示型」があります。

②専任媒介契約・・・1つの不動産会社のみと媒介契約を締結しますが、自分で相手を見つけてくることが出来る形態です。

③専属専任媒介契約・・・1つの不動産会社と契約し、自分で見つけてきた場合でも、すべて契約した不動産会社を通してしか、売買契約を締結できない形態です。

複数の不動産会社に依頼した方が、購入するお客様に沢山知ってもらえそうだと考えがちですが、不動産会社同士のネットワーク(レインズ)に登録すれば、情報はすべての不動産会社が見れて、お客様へ紹介できます。

 

基本的には1つの不動産会社へ絞った方が良い場合が多い

不動産会社としては、複数の会社へ依頼している売主様よりも、自社のみに依頼をしてくれている売主様に対しての方が、熱心に売却活動を行いたくなるものです。

1つの不動産会社に絞るのは難しいとか、実際に依頼したがあまりしっかりと売却活動をしてもらえないと感じる時は、複数に依頼するメリットがありますが、信頼できる不動産会社があれば、1つの不動産会社に任せて、熱心に売却活動をしてもらうのが良いと思います。

はぎわら不動産㈱では、お客様に選んで頂けるように、丁寧に、誠実に日々活動しております。

鈴鹿市で土地売却・中古住宅の売却・不動産売却を考えている方は、お気軽にお問い合わせください。

 

はぎわら不動産㈱

鈴鹿市矢橋三丁目5番23号

 

関連記事一覧

PAGE TOP