はぎわら不動産からのお知らせ

不動産売却の仲介手数料はどのように決まっているの?

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は不動産を売却する時に、不動産会社に支払う手数料は、どのくらい支払うのかを紹介します。

不動産売買の報酬は法律で計算方法が定められています

不動産の売買が成立すると、その報酬として仲介手数料を不動産会社に支払います。この仲介手数料は各不動産会社で自由に決めても良いのではなく、宅地建物取引業法で「国土交通大臣の定めるところによる」とされており、売買金額に対して計算する仕組みになっています。

その計算方法は、売買価格が200万円以下は5%、200万円超から400万は4%、400万円超は3%となっています。

1000万円の土地を売却する場合の例で実際に計算すると、

200万円までが5%で10万円、

200万円から400万円までの200万円が4%で8万円

400万円から1000万円の600万円が3%で18万円となり、

合計金額が10万円+8万円+18万円=36万円となります。こちらの価格に消費税を8%足して38万8800円が支払う仲介手数料です。

3%+6万円+消費税と説明されることが多いので正規の計算方法を知らない場合が多い

実際の取引の場合は3%+6万円+消費税と説明されることが多いので、その6万円は何?と思う方も多いですが、簡易計算方法です。不動産会社の方でもこの正規の計算方法の仕組みを知らない方も多いのが実情です。簡易計算でも価格が変わらないので問題はないので良いのですが・・。

どの不動産会社でも支払う報酬が変わらないのであれば、皆さんはどのような基準で不動産会社を選択しますか?

はぎわら不動産㈱では少しでも満足して頂けるよう安心・安全・丁寧なサポートを心掛けております。

 

~鈴鹿市、四日市市で不動産売却をご検討の方はお気軽にご相談ください~

鈴鹿市矢橋三丁目5番23号

関連記事一覧

PAGE TOP