はぎわら不動産からのお知らせ

不動産売買 一戸建てを購入する時のアドバイスその① 購入目的と希望条件を一致させる

今回から一戸建て住宅の購入を検討している方へのアドバイスをお伝えします。

Aさん家族の例

先日、ある家族の方から住宅購入の相談がありました。Aさん家族はご主人(33歳)、奥様(30歳)、お子様(2歳)という家族構成で、現在は家賃6.5万円の賃貸住宅に住んでいます。土地を購入して新築住宅を建てるのは予算的に難しいので、月々の支払いが安くなる、古い中古住宅を考えているので希望地域で探して欲しいとのことでした。

22ce9d7378b96a4e307e2d6f6f4864f8_s

このような相談の他にも、この地域でこのくらいの価格の土地を探してほしいなど、様々な相談や要望があります。

私がこの業界に入った若いときは、お客様の希望条件に合った物件を一生懸命探して、情報提供を迅速に行い、購入してもらうことがお客様の満足につながると思って行動していました。

しかし、現在はお客様の購入目的と実際の希望条件とが一致していないことが多いなと感じるようになりました。住宅購入は初めての方が多く専門知識も無いため、お客様が希望していることと、本来求めている潜在的な希望とがずれていることが多々あります。

専門的なアドバイスをすることで、お客様に学んでいただき、長い目で見て失敗のない購入をしていただくことを考えています。

長期的な視点で考え、目的と条件を一致させる

どのお客様も家族の幸せのために考えて希望条件を出していますが、不動産購入は初めてなので気が付かないうちに目的とずれてしまっていることもあります。まずは購入する目的と、そのためにはどのような購入をしたらよいかを考えることが大切です。

住宅は一生住み続けることを考えて検討する必要があります。その為には、今や数年先だけではなく30年後、40年後のこともふまえて検討する必要があります。長期的な視点で考えることと、ご自身たちの本当に価値ある希望条件を整理すること、そして住宅購入に必要な知識を学ぶことが失敗しない住宅購入につながります。

 

関連記事一覧

PAGE TOP