はぎわら不動産からのお知らせ

不動産売買時にアドバイスを受ける時の注意点

今回は不動産売買の時に、いろんな人からアドバイスを受ける時の注意点をお伝えします。

誰に相談したらよいか、なかなか難しい

不動産売買の時には分からないことが多くて、いろんな人に相談をしてアドバイスを受けることが多いでしょう。ただ、相談する人によって全然違うことを言っていたりして、どの情報、どの人の言うことを信用したらよいかは、なかなか難しいと思います。

営業マンは知識や情報が豊富ですが、自社の商品を売る為の営業トークが含まれている為、自分たちにとって本当に良いのかは自分達で判断しなければなりません。一方、家族や友人などは、自分たちの為に一生懸命考えてくれるのでとても信用できますが、経験的な意見になりがちで偏ったり、知識不足だったりする傾向があります。6fea1b0179550d864b1281e3e7755e6f_s

2つの要素が満たされているかを考えてみる

私がこれまでいろいろな人にかかわって、アドバイスを受けたり、アドバイスをしたりしてきた経験の中でポイントにしていることは、①知識、情報、ノウハウがあること、②自分達のことを真剣に考えて意見を言ってくれていることの、2つともが備わっているかどうかということです。

2つの要素が備わっていれば、的確なアドバイスとなり、そのまま採用すればより良い不動産売買へとつながるでしょう。一方、そうでない場合は整理しながらアドバイスを受けると良いでしょう。

知識やノウハウが豊富な人からのアドバイスは、そのアドバイスを自分達に合うようにカスタマイズすることを心掛け、家族や友人からの熱心なアドバイスは、そのアドバイスをより客観的に調べてその要素だけに偏らないように心掛けると良いと思います。

はぎわら不動産㈱では、出来るだけお客様の家族が満足できるようにアドバイスをさせて頂いております。不動産売買のことで相談などをご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。

関連記事一覧

PAGE TOP