はぎわら不動産からのお知らせ

不動産登記には公信力が無いので注意が必要

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、不動産登記には公信力が無いことについてお伝えします。

登記簿に記載されているの所有者を信用して取引をしても守られない

不動産の所有権等は登記簿謄本に記録されています。所有権等の登記は義務ではありませんが、第三者に対する対抗力を有しますので、自身の不動産を守るためにほとんどの方が所有権等の登記をしています。

所有権以外の権利としては抵当権や、地役権、地上権など9種類の権利があり、そういったものも権利を守るために対象不動産に登記されています。

この不動産の登記には公信力がありません。公信力とは、登記名義人から不動産を購入しても、登記内容とは違う真の所有者がいた場合は、その真の所有者に対して取得者は対抗できないということです。

このような理由から、不動産売買の際には登記簿に記載されている所有者が本当にこの不動産の持ち主なのかを確認する必要があります。鈴鹿市では、悪意のある人や業者が勝手に名義を変えているといったケースは考えにくいですが、家族間で離婚に関するトラブルや、相続トラブルで登記名義人ではない家族が売却を進めている場合には注意することが大切です。

登記名義人に会って、真の所有者なのかを確認して、売却の意思があるかを確認する必要がある

登記名義人が高齢ですでに判断能力が無くなっていいる場合も真の所有者とは言えないでしょう。

以前、判断能力のない父親名義の土地を息子が売却していまい、後日、他の兄弟が契約取り消しを主張してトラブルになったケースがありました。

このような場合は実質所有権は息子1人ではなく、後見人かそうでない場合は家族数名に分散されるので、後日トラブルにならないようにするには、家族みんなの合意が必要になります。

登記名義人の身分証明証や印鑑があれば不動産売買は出来るのでつい進めがちですが、真の所有者の意思が優先されるので、登記名義人の名前のみを信用せず、真の所有者なのかを確認して取引を進めることが大切です。

はぎわら不動産㈱では、売却相談の時に窓口になっているのが家族の方の場合、登記名義人が真の所有者なのかを直接会って確認するとともに、売却の意思をその本人が持っているのかを確認して、後日トラブルにならないようにしています。

 

~鈴鹿市で不動産の売却、査定、相談をご希望の方は、はぎわら不動産㈱お問合せください~

関連記事一覧

PAGE TOP