はぎわら不動産からのお知らせ

住宅インスペクションにより中古住宅市場は今後、本当に活性化するのか

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

鈴鹿市を中心に、土地売却・空き家売却・中古住宅売却など、不動産売却のサポートを専門に行っています。

今回は、今後の中古住宅市場が活性化していくのかの個人的な考えを紹介します。

中古住宅市場を活性化するための施策が住宅インスペクション

中古住宅市場は200年住宅構想から建物状況調査(住宅インスペクション)など様々な政策によって、欧米の中古市場のような転換を目指しています。これまでのように新築をどんどん建てて、築30年程で解体していくものから、質の高い住宅を建ててメンテナンスをしながら長く利用していく方向になってきています。

全体の方向はとても良いなと感じますが、これには時間がとてもかかると思います。現在の中古住宅市場は、建物の状態をチェックすると強度不足や劣化等で安心してこの先も長く利用するには、補強や大きなリフォームを必要とする住宅が多いでしょう。

住宅インスペクションによって質の良い住宅、質の悪い住宅がはっきりすることで、売れなくなる住宅や、価格が大幅に下がる住宅が沢山出てくる可能性もあります。

新築住宅の質はどんどん向上しているので、建物診断や詳しい説明をしていく中で、中古住宅よりも新築住宅に魅力を感じる方も出てくるような気がします。

質の高い住宅は施策の恩恵を受けるが、そうでない場合は淘汰されてゆくのでは・・・

築年数の浅い住宅や立地条件の良い住宅などの付加価値の高い中古住宅は、住宅インスペクションの恩恵を受けると思いますが、耐震基準の古い住宅や耐久性の劣る中古住宅などは、これまでよりも売却に経費をかけるか、価格を下げないと売れにくくなるでしょう。

今後は質の高い住宅が生き残り、それ以外は淘汰されていく時代になると思われます。分かりにくかった住宅の本質が分かるようになり、健全な市場原理が働くのでとても良い方向へ進んでいくとは思いますが、その犠牲になる住宅も多く存在するのではと考えております。

 

~鈴鹿市で土地売却・空き家売却、中古住宅売却をご検討の方は、はぎわら不動産㈱へお気軽にお問い合わせください~

 

関連記事一覧

PAGE TOP