はぎわら不動産からのお知らせ

住宅購入の注意点 住宅ローンの計算方法

こんにちは、はぎわら不動産(株)の萩原です。

住宅購入をしている方で、多くの方が踏み外していることがあります。失敗とは言えないかもしれませんが、分かっていれば住宅購入の計画が根本から変わっていたでしょう。今回は、住宅を購入する時の注意点をお伝えします。

 

住宅ローンの借入期間を35年で計算しないことが最も大切

住宅購入を検討されている方が、最も大切にしないといけないことは資金計画です。その中でも住宅ローンの借入期間を自身に合わせて計算することがとても重要です。

住宅を購入する時にハウスメーカー等の営業マンに、住宅ローンの月々支払額を説明してもらうと思いますが、ほとんどが借入期間が35年で算出されています。金融機関の審査で76歳-年齢が基準となっているので40歳以上の方は35年よりも短くはなりますが、基本的にはできるだけ長く返済期間を使って、月々支払いが低くなるようにしています。

住宅購入を検討している方は、金融機関の審査に通るのなら返済していけるだろうと安易に考える方がいますが、基本的には自分たち家族が支払っていける金額を自分たちで算出しないと、数十年後にとても大きな問題がのしかかってくることになります。

現在、住宅ローンを組んで住宅を購入した多くの人が、65歳で会社を退職した後も、住宅ローンの支払いが残るような借り方をしています。高齢になって、収入が年金のみなのに住宅ローンをどのようにして支払うのかをイメージできれば資金計画の大切さが理解できるはずです。自分が高齢者になった時に、働いていないのに古い家のローンを新築時と同じ金額を支払い続け、更にリフォーム費用が必要といった状況にしたくなければ、若い今、無謀な契約をしないことが大切です。

住宅ローンの借入期間は65歳-今の年齢で計算する

住宅購入を検討している方がまず行うことは、資金計画を建てることです。住宅ローンは65歳-今の年齢で計算するようにしてください。自己資金と住宅ローンの返済可能額を足した金額が住宅購入の予算額です。この予算額を土地と建物だけに使わないようにしましょう。よくあるのが、建物のオプションを勧められるままに追加させられ外構工事の費用がなくなるパターンです。立派な新築住宅だけ建ち、外構工事なしで住んでいる家を見ると、ハウスメーカーの営業マンにカモにされたんだなと残念に思ってしまいます。

その他、固定資産税などの費用や、将来のリフォーム費用などを計算しておくことも大切です。月々15,000円程はそのような経費として計算しておかないと子どもが成長して教育費用が掛かる時に、必要な修繕が出来なくなります。

現在は60歳になると収入が6割ほどに下がる会社が多いので、できれば60歳までに住宅ローンの支払いを終わらせて、修繕に備えるのが良いでしょう。

35年ローンで住宅を購入してしまった場合でも、収入が大幅に上がった、退職金が沢山もらえた、相続等でお金がもらえたなど、予定外の収入がある方は結果オーライとなりますが、そうでない方はまわりまわって子供に負担がいくことになります。

関連記事一覧

PAGE TOP