はぎわら不動産からのお知らせ

南海トラフ地震が発生したら鈴鹿市では約1万棟の建物が倒壊の恐れがある

東日本大震災から約6年になります。住宅関係の防災対策もなされていきていますが、鈴鹿市全域でみると、建物の対策ではまだ約10,000棟が危険との想定がされています。

南海トラフ地震が70%の確率で発生する

鈴鹿市は東海地域に含まれているので、南海トラフ地震が30年以内に70%の確率で起こると想定されています。この地震により大きな揺れ、津波、液状化、がけくずれなどが発生して多くの建物に影響を及ぼします。IMG_1300

住宅の耐震基準のポイントは昭和56年以後に建てられた住宅なのか

過去の大震災では多くの建物の倒壊により死傷者が増えたため、建物の耐震化が重要視されました。その為、建築基準法の耐震基準が改定されてきており、新しい建物は強い耐震性を兼ね備えています。この耐震基準が建物の強度を測る1つの指標になります。南海トラフ地震が発生した場合に、倒壊する恐れのある建物の耐震基準は、昭和56年以前の建物と考えられています。昭和56年以前の建物は震度5強の地震で倒壊する恐れがあるとされ、その後改定された耐震基準の7割程度の強度しかないと推定されています。

鈴鹿市では旧耐震基準の建物が約15,000棟あり、その中で耐震補強などの対策が講じられていないなど、「耐震性が無い」とされる建物が約10,000棟あると推定しています。

不動産売買では耐震性も考慮して判断する

はぎわら不動産㈱では中古住宅の購入を検討している方には、この耐震基準の件をお伝えして、見た目や価格の安さなどだけでなく安全な強度が確保されていて、大地震が発生した場合でも家族を守れる住宅を選択することをお勧めしています。中古住宅購入を検討されている方で耐震性を気にされている方はお気軽にご相談ください。

 

~鈴鹿市の不動産売買、売却は、はぎわら不動産㈱までご相談ください~

関連記事一覧

PAGE TOP