はぎわら不動産からのお知らせ

売却不動産が売れないときには冷静に原因を考える

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、不動産売却や土地売却の際になかなか売れないときには冷静に原因を考えて対処することをお伝えします。

売りたくても買いたいと思う人がいなければ売れない

不動産売却や土地売却は売主が思っているほど簡単には進まないことがあります。少しでも高く売りたいと、複数社に査定を依頼したり、高く売ってくれそうな業者に依頼して価格を高く設定すると、実際のニーズとかけ離れ売れない傾向に拍車がかかります。

売却不動産は買ってくれる方がいないと売れません。なかなか売れないときには、まずその売却不動産がその地域で求められている商品なのかを確認することが大切です。言い換えればニーズがどのくらいあるのかということです。

そしてニーズに合致した販売方法を考えることが大切です。

築20年の中古住宅を売却しようとするとき、その地域で築20年の中古住宅のニーズがほとんど無かったら金額を下げても売れないでしょう。

周りに建売の新築住宅が売り出し中であれば買主は新築住宅と比較するので新築住宅には無い魅力が無ければなかなか売れないでしょう。

近くに分譲用地がある場合は土地の価値としては競争すると不利になるので、土地建物のセット価格などでメリットを出せないと売りにくいでしょう。

売れない不動産や土地ほど売却の戦略が必要になる

鈴鹿市の中でもニーズが沢山あり不動産売却には有利な地域もありますが、そうでない地域もあります。なかなか売れない物件や地域程どのように不動産売却や土地売却を進めていくのかが大切です。

売却中の不動産が売れない時ほど冷静に原因を考え戦略的に対処しましょう。売り出していても問い合わせがほとんど無ければ、まずはニーズが無いことを受け止め、ニーズに合わせて価格、時期、形態を考えると良いでしょう。

問い合わせがあっても申し込みが無い場合は、ネックになっている要素を確認してその対処方法などを提案できるように準備しておくと良いでしょう。

申込があり、価格や条件が合わない場合は少しの譲歩で契約結び付く可能性があるので高く売りたいという気持ちを少し緩めてあげると良いでしょう。ほとんどの物件は販売当初の価格では売れていません。価格を少し下げて売れるのであれば売却の目的はほぼ達せられるでしょう。

 

もう一つ大切なことは不動産売却で思い通りに売れない時には「売りたい」という自分の気持ちにこだわらずに、購入を検討する方の視点で考えることです。

どのような商品にしてどのように伝えていけば良いのかを考え、購入検討者にとって魅力ある商品に少しでも近づけていくことが重要です。

 

~鈴鹿市で不動産売却、土地売却をご検討の方は、はぎわら不動産㈱までご相談ください~

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP