はぎわら不動産からのお知らせ

売買契約後の解除にはペナルティ金が必要になる

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、売買契約後に「やっぱり契約をやめたい」と思ったときどのようにすれば売買契約を解除できるのかをお伝えします。

手付金を放棄することで売買契約の解除が出来る

売主の不動産を売却したい、買主の購入したいとの意思が合致した時に条件を整理して売買契約を締結します。この時には一般的に手付金として売買代金の約10%程のお金を買主から売主に支払います。

売買契約時には、売主は所有権移転と物件の引き渡しを行うこと、買主は残代金を支払うことを約束して互いに決済引渡しに向けて準備にかかります。

しかし、何らかの理由で売買契約の解除をしたい場合は、手付金の放棄で契約を解除することが出来ます。買主の場合は支払った手付金の放棄、売主の場合は、預かった金額の倍額を買主へ支払うことで契約をもともと無かった状態に戻すことが出来ます。

売買契約の解除は一定の期間を過ぎると出来なくなる

売買契約書には手付解除の期間が設定してある場合がありますので、その場合はその期間を過ぎると手付解除は出来なくなります。

手付解除の期間が定められていない場合でも「相手方が契約の履行に着手した場合は契約の解除ができない」と定められていることがあります。これは相手側が決済引渡しに向けて、登記の申請をしていたり、銀行の住宅ローン契約をする場合などで、すでに引き渡しに向けて具体的に手続きを行っている場合は売買契約の解除が出来なくなります。

一度売買契約をした場合は、解除する時にペナルティ金として手付金分のお金を失うことになりますので、売買契約前にしっかり検討して売買契約の締結を行うようにしましょう。

どうしても売買契約の解除をしたい場合でも、一定の期限を過ぎると売買契約の解除が出来なくなることも覚えておきましょう。

 

 

~鈴鹿市の不動産売買、不動産売却は、はぎわら不動産㈱までお問い合わせください~

 

関連記事一覧

PAGE TOP