はぎわら不動産からのお知らせ

夏の夜に2階が暑いのは屋根裏が暖められてしまうから

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は夏の夜に2階がすごく暑い原因をお伝えします。

屋根が暖められて屋根裏に熱気がたまるのが原因

一戸建て住宅は夏の夜はとても暑くてほとんどの家庭がエアコンなどを利用しないととても過ごせないでしょう。1階はまだ良くても、2階に上がると特に暑く感じるはずです。

これは屋根が暖められてその熱気が屋根裏にこもっているのが原因です。夜になると外気温は下がっていきますが、屋根裏に熱気がたまっているのでストーブのような役目をしてしまっているのです。実際に屋根裏の点検口を開けてみたことがありますが、すごい熱気でとても息ができないくらいでした。

この熱気を解消するためにはいくつかの方法があります。1つは屋根裏の熱気を外へ排出するための換気扇を取り付けること。もう一つは屋根断熱をすることです。

換気扇よりも屋根断熱で熱を取り込まないことが大切

我が家では、実際に換気扇を設置してみましたが、屋根自体がとても暑くなっているので、中の空気を排出してもほとんど効果が無く、かなり大きな換気扇を設置しないと効果が出ないんだなと分かりました。昔の家は棟喚起と言って熱気が最上部から抜けていくようになっていましたが、三重県は台風が多いので雨漏りの原因になってしまう弱点があるようです。

屋根断熱は屋根そのものが温まらないように断熱するので効果は高いのではないか思います。天井断熱の質を上げる方法もありますが、屋根が温まらなければ家の中に熱気がこもらないので屋根裏を利用することもできます。

これから住宅を建てる方で夏の夜を快適に過ごしたい方は、お金はかかりますが屋根断熱をすることをお勧めします。ちなみに太陽光発電システムは屋根の上にパネルが設置されているので屋根そのものが温まりにくくなり断熱効果が高いようです。

 

~鈴鹿市で不動産売却をご検討の方はお気軽にご相談ください~

 

関連記事一覧

PAGE TOP