はぎわら不動産からのお知らせ

宅建業者の守秘義務とは

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は宅建業者に課せられている守秘義務についてご紹介します。

宅建業法で秘密を守ることが義務付けられている

宅建業法第45条には、宅建業者の「秘密を守る義務」が定めらています。これは、不動産の取引の中でお客様の財産や家族関係、職業やこれまでの経歴といった多くの情報を知ることになる為、これらの業務上知り得た情報を「正当な理由」がある場合を除いて、他に漏らしてはならないというものです。

これは宅建業を廃業した後も同様に義務が続きます。

お客様の個人のプライバシーに関わることはもちろんですが、取引にかかわることも含まれています。

先日、あるお客様に過去の土地取引の内容に関わることを質問されました。宅建業法にて守秘義務があることをお伝えして断りましたが、「ここだけの話にして聞かなかったことにするから。」と粘られました。

「分からなければ良い」と少しの情報提供が大きなトラブルになることは簡単に予想されますが、それよりも、お客様の情報は勝手に漏らさないという当たり前のことが大切だと考えています。

はぎわら不動産㈱では、宅建業法を正しく守ることが不動産取引の中でお客様の安心に繋がり、その結果信頼をして頂けると考えております。取引の中でお客様から知り得た情報の秘密はしっかり守りますので安心してご相談ください。

 

~鈴鹿市の不動産売買は、はぎわら不動産㈱へお問合せ下さい~

関連記事一覧

PAGE TOP