はぎわら不動産からのお知らせ

市街化区域は12種類の地域に別れている

こんにちは、はぎわら不動産(株)の萩原です。

今回は、鈴鹿市都市計画区域の市街化区域の中で更に12種類の地域に別れていることをお伝えします。

住宅系・商業系・工業系の地域に別れている

都市計画区域の中に、計画的に市街化を図る地域として「市街化区域」があり、市街化を抑制すべき地域として「市街化調整区域」があります。

市街化区域は市街化を形成していく地域ですが、その中でも「用途地域」と言って12種類の地域に別けられています。

鈴鹿市の中には、大きな工場もありますし、商業施設が並びにぎやかな場所もあります。そして閑静な住宅街もあります。静かな住宅地の中に大きな工場などが混在してしまうと、住居環境が悪くなりますし、工場の稼働も効率よくできなくなるのでお互いに不便です。このようなマイナスの影響を回避するために、住宅地、商業地、工業地等の種類に別けて建築物の規模や種類を規制するものが用途地域です。

12種類のうち、住宅系のものが7種類、商業系のものは2種類、工業系のものは3種類あります。住宅系の中でもっとも厳しい規制のある第一種低層住居専用地域には、店舗などが建てられないですし、建ぺい率・容積率が少なく設定してありますので、土地にゆとりを残して建物を建てる必要があります。いわゆる閑静な住宅街はこの地域になります。静かで店舗が無いので交通量も少なく、日当たりも確保される地域です。

商業系の地域では、店舗が多くなり幹線道路に近くなります。建ぺい率・容積率などが高く設定されており、狭い土地に高い建物が建っていくイメージで、にぎやかで便利な地域になりますが、住宅系の地域と比べると騒音があり、日当たりが悪くなる傾向があります。

店舗付き住宅を検討されている方は、規模や店舗の種類のよっては規制がかかるので、「計画していた店舗が建たない」ということの無いように、事前に確認する必要があります。

用途地域は、都市計画図に記載されており、鈴鹿市の場合は、鈴鹿市のホームページから地理情報で確認することが出来ます。

市街化区域の中に田んぼがあったり、工場の横に住宅があったりと混在している地域もありますので、鈴鹿市で不動産購入を検討している方は、都市計画や用途地域を確認して、将来どのような街になっていくのかを想像しながら新たに購入する土地を検討することをお勧めします。

関連記事一覧

PAGE TOP