はぎわら不動産からのお知らせ

接面道路が3.6mしかないのにセットバックは必要ないと説明を受けた事例

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、土地を購入する時に接面道路が3.6mなのにセットバックは必要ないと説明を受けた方からの相談をご紹介します。

道路幅員が3.6mなのに4mありますと説明された

土地を購入して新築住宅を計画している方から相談がありました。購入しようとしている約60坪の土地についての相談で、接面道路は3.6mしかないのでセットバックが必要と思っていたけど、業者さんからは「4mあるのでセットバックは必要ないです。」と説明を受けたとのことでした。

土地の接面している道路が4m未満の場合は、建築の際に道路中心線から2mのセットバックが必要になります。

その為、有効敷地面積は60坪よりも狭くなり、建ぺい率や容積率との兼ね合いにより、建築する建物にも影響を与えます。

相談のお客様は、土地が少し狭くなるのは良いけれど、車の通行に不便なので道が広くなってほしいと考えていました。

道路の幅員は役所の調査と現地調査が必要です。役所の台帳では4mとなっていても現況が4m未満の場合はセットバックが必要になります。

考えられる原因としては道路幅員が4m未満なのに調査を怠って4mあると間違った説明をしているか、道路幅員は4mあるが正確に計測されずに3.6mとの誤った認識になっているかのどちらかだなと考えられました。

実際に現地に行って測ってみると原因がよく分かりました。

U字溝の状態が道路幅員に影響を与えるので確認が必要

道路の舗装部分は確かに3.6mしかありませんでしたが両端にあるU字溝がそれぞれ20㎝あったのでU字溝の認識に食い違いがあったのが原因だと分かりました。

基本的に道路は舗装部分だけではなく、U字溝も含めた範囲で計測します。U字溝も市が管理しているので同じ道路の一部として判断します。

しかしU字溝の上に蓋がある場合は道路幅員に含まれますが、蓋が無い場合は幅員に含まれまれ無いので注意が必要です。

こういったケースではセットバックではなく、U字溝に蓋をすることで4mにすることが多いですが、市の道路管理をしている部署への確認が必要です。

以前、U字溝が私設のもので道路幅が思っていたよりも狭かったというパターンもあり、U字溝が誰の所有物かとの調査が大切だなと感じた事例もありました。

接面道路は思い込みで判断すると建物への影響もありますので、はぎわら不動産㈱では調査を慎重に、丁寧に行うようにしています。

 

 

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP