はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で中古住宅を高く売るポイント② 商品としての価値を考える

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

前回は、中古住宅を高く売るポイントとして、売主としての心構えをお伝えしました。今回は、中古住宅を高く売るポイントとして、売る不動産が「商品としてどのような価値があるのか」を考えることをお伝えします。

商品としての価値は周りの状況に大きく左右される

売却する時には、この住宅はどのくらいで売れるのだろうと誰でも考えるとは思いますが、「商品としてどのような価値があるのか」というのは、「売却して手元にいくら入るのだろう」という利己的な発想ではなく、購入者の視点で客観的にどう見えるのかを考えることです。

購入者は、駅からの距離や、土地の広さ、接続道路の向き、小学校までの距離などの環境の他に、建物の築年数、間取り、設備機器といった要素等を基準に総合的に判断します。

近くに同じような戸建て住宅が無ければ、その地域限定の方には検討頂けそうですが、近くに他の戸建て住宅や売地があればあるほど競争率が高くなりますので、高く売る為には戦略が必要になります。

特に近くで分譲用地やローコストの新築住宅が販売されていると、厳しい戦いが予想されます。購入者にとっては、新品で未使用と言うだけで大きな価値があるのに価格は安いからです。

このように考えると、購入者にとっては希望地域に購入商品があればあるほど比較できるので、売主にとっては、売る不動産は変わらないのに周りの状況で商品としての価値が大きく変わることが理解できると思います。

周りの状況に合わせて戦える準備をする

近くに、新築住宅や分譲用地が販売されている時は、新築住宅にも対抗できる要素や新築住宅には無い価値を、中古マンションや古い中古住宅が販売されている場合は、同じく対抗できる要素とそれ以外の価値をといったように考え対応していく必要があります。

この為には事前に売却する不動産の強み、弱点などを整理して商品としての価値を上げる準備をすることが重要です。何もせずに良いところだけを広告でアピールするだけでは競争物件が多いほど効果は低くなるでしょう。

 

 

~鈴鹿市で中古住宅、土地売却をご検討の方はお気軽にご相談ください~

関連記事一覧

PAGE TOP