はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で中古住宅を高く売るポイント④ 土地の境界を確定する

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

前回は、中古住宅を高く売るポイントとして、建物の安全性を住宅インスペクションを利用することで担保し付加価値を付けることをお伝えしました。

今回は、中古住宅を高く売るポイントとして、土地の境界を確定することの大切さをお伝えします。

隣地との境界があいまいなままだとトラブルの可能性が残っている

不動産の取引にはトラブルの原因が多く潜んでおり、あいまいなままで進めていくと後日本当にトラブルにあることがあります。主に権利関係がハッキリしていないことによるものが多いのですが、隣地との境界問題もその1つです。

土地は周りの所有者の土地と隣接していますので、どこまでが自分の土地なのかがハッキリしていなければ、お互いがそれぞれの主張ができる可能性を残すことになります。そうなると境界トラブルに発展してしまう可能性も残ります。

購入者にとっては、この「トラブルになりそうな要素が残っている」ことが大きなネックになります。新しく住む住宅の隣にどんな人が住んでいて、どんな関係を構築していくのかはとてもデリケートな問題です。

隣地所有者との合意が無いと境界確定は成立しない

境界を確定する目的は、測量を正確にするためではなく、隣地との境界を誰からの目でも確認出来るよう決定して隣地所有者とのトラブルの可能性を無くすことです。

公的な測量図があるから大丈夫と思いがちですが、以前、「その測量図が不正によって作成された。」と主張する方もいました。これではまだトラブルの可能性が残っています。境界の確定には、正確な測量と境界票、そして隣地所有者との合意があって成立します。

境界を確定するためには、土地家屋調査士に依頼して、隣地所有者や道路管理者(鈴鹿市)と立会いにて境界場所を確認します。その後、境界票を設置して境界確認書に記名押印し確定測量図を作成してもらいます。

確定測量は済んでいないが、ほぼ確定している場合は、契約後に行うことも多いですが、境界票が無く、境界があいまいな場合は先に確定測量を依頼することをお勧めします。

 

 

~鈴鹿市の不動産売却、土地売却は、はぎわら不動産㈱へご相談ください~

 

関連記事一覧

PAGE TOP