はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で中古住宅を高く売るポイント⑧ 適切な価格査定を受ける

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

前回は、中古住宅を高く売るポイントとして臭いの元を解消することをお伝えしました。今回は、高く売るポイントとして、査定を受ける心構えについてお伝えします。

高く売りたいとの強いこだわりが、高い査定価格を求めてしまい、間違った結果に繋がる

鈴鹿市で不動産売却を検討した時の最初の行動が、査定依頼となる方が多いでしょう。我が家の中古住宅が、いくらの価値があるのか、どのくらい手元に残るのかが非常に大事なので、売却不動産を出来るだけ高く査定してもらいたいと考えがちですが、この時に高く売る為の大きなポイントがあります。

高く売りたいという考えにこだわり過ぎると相場や購入検討者の視点などと乖離した売却活動に進んでしまいます。

売却不動産の価値を高く査定してもらおうと複数の会社へ査定依頼をして、その結果「この価格で売れますよ。」と高く査定してもらった営業マンに対して「この方は我が家の価値を認めてくれる良い人だ」と感じて媒介を結び、販売を開始するというパターンになります。高い価格で販売を開始しても、売れないのでどんどん価格を下げていき、なかなか売れない物件として認知されると価格交渉でも不利になり不満足な結果になることが多いでしょう。

適正価格で最初から販売した方が高く売れるということはちゃんとした宅建業者は知っています。

高い査定よりも、客観的に価値をとらえ、高く売却するための戦略を考えることが大切

高く売りたい場合は、高い査定ではなく、実際に売れそうな価格を知ることが大切です。購入検討者は他の物件と比較しながらいろんな要素を総合的に判断してその価格の価値があるのかを真剣に考えます。

査定も同じように客観的に売却不動産の状態や近隣の取引事例、路線価、固定資産税評価額などの公的な指標なども含め客観的に判断していきます。

高く売りたいという考えは売主なら誰にでも当たり前にありますが、その気持ちをコントロールして適正な査定価格を受け入れることがポイントです。不動産は同じものが無いので査定する人や方法によって査定価格が違うことは普通です。査定価格そのものよりも、その結果をふまえ、出来るだけ高く売れるための戦略を考えることが重要です。

はぎわら不動産㈱は、売主様が楽に、得するように売却をサポートする会社ではありません。公正な取引がお互いの満足に繋がると考えています。

購入者が価値を感じて購入できるよう売主様をサポートすることが結果的に高く売れることに繋がると考え販売活動を行っております。

 

~鈴鹿市の不動産売却、中古住宅の売却は、はぎわら不動産㈱へご相談ください~

関連記事一覧

PAGE TOP