はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で中古住宅を高く売るポイント⑪ 購入者の新生活を応援する

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

前回は、中古住宅を高く売るポイントとして正確で多くの情報を提供することをお伝えしました。今回は、中古住宅を高く売るポイントとして、情報と共に、購入者にとって新生活をイメージできるメッセージを届けることをご紹介します。

広告のポイントは「売り」を出すことではなく、購入者の新生活を応援すること

中古住宅の広告の中では物件情報として間取り図、面積、都市計画などの法令関係、設備関係などの情報が掲載してありますが、物件の情報だけではもったいないとはぎわら不動産㈱では考えています。

購入検討者は、新生活を良いものにしたいと考え、真剣に物件情報を精査して新しい生活を描いています。情報の他に、新生活がこのようになりますよ、この中古住宅に住むとこんな良いことがありますよといったメッセージを掲載すると、購入検討者が求めている「新生活を良いものにしたい」という希望のイメージを描く助けになります。

この購入検討者が描く新生活のイメージの答えは、売主様がこれまで生活してきた中で感じている中古住宅に対しての愛着と繋がるものだと思います。

味わってきた中古住宅の価値を引き継ぐ姿勢が購入検討者へ響く

長年生活してきた中で感じる、この住宅ならではの良さや、この環境ならではの良さは物件情報には反映されていない「我が家の中古住宅の価値」と言えるでしょう。

売主様が感じる愛着や良さと同じものを購入者も求めています。このメッセージを広告の段階で掲載して伝えることが、より真剣に検討してもらえることに繋がるでしょう。

どんな物件にもマイナス要素がありますが、このマイナス要素に対しての工夫の仕方なども掲載しておくと、物件に対しての評価も高くなりますし、売主様に対しても正直でちゃんとしているとのイメージを持ってもらえるのでより前向きに検討してもらえると思います。

高く売る為に、高い価格設定をして、物件情報の中で良い部分だけを強調する価格重視の販売方法よりも、不動産の価値を上げ、丁寧に情報を伝え、購入検討者にとって良い新生活になるよう正直なメッセージを届けようとすることが、我が家の中古住宅の価値を引き継ぐことと、高く売ることに繋がると、はぎわら不動産㈱では考えています。

 

~鈴鹿市で中古住宅の売却を検討している方は、はぎわら不動産㈱へご相談ください~

関連記事一覧

PAGE TOP