はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で土地や建物を売った時の税金のしくみとポイント

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、鈴鹿市で土地や建物を売った場合の税金のしくみについて基本的な内容をお伝えします。

土地や建物を売却して利益が出た場合は税金がかかる

個人の方が鈴鹿市で土地や建物を売却して利益が出た場合はその利益に対して税金かかってきます。

この利益とは、譲渡益とも言い、売却して得た金額から取得費や経費を差し引いた金額を指します。土地を1,000万円で売った場合にはその1,000万円に税金がかかるのではなく、購入した金額と登記費用や仲介手数料、そして売却する時にも支払った仲介手数料などの経費を引いて残った金額が利益になります。居住用の土地建物などはさらに3,000万円の特別控除などがあります。

鈴鹿市では土地や建物の価格が購入時よりも高くなることは少ないですし、仲介手数料や登記費用などの経費を差し引いてもまだ譲渡益があることはまれなケースと言えるでしょう。

実質的には購入時の金額を証明するものがあるかがポイントになる

しかし、昔から所有している土地で、購入時の価格が判明しない時、又は覚えていても契約書や領収証など取得した金額を証明するものが無い場合は注意が必要です。

この場合は、譲渡価格(売却金額)の5%を取得費とすることになっています。たった5%しか取得費として認めてもらえないので、1,000万円で売った場合は50万円しか引けないことになり、税金を支払うことを考える必要があります。

税率は所有期間が5年以内か5年超かで変わってきますが、5年超の長期譲渡所得の場合は税率20%(所得税15%、住民税5%)と、東日本大震災の復興特別所得税が所得税額(15%)に対して2.1%が別途かかります。

このように見てくると、購入時の金額が分かるものがあるだけでほとんど税金はかからないが、それが無いと税金の対象になる可能性が高いことが分かります。

親の代から所有している土地などは売却する予定が無くても、今のうちに書類等を整理して、処分しないよう保管しておくことをお勧めします。

 

~鈴鹿市の不動産売却、土地売却は、はぎわら不動産㈱までご相談ください~

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP