はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で土地を売却する時に購入時の価格にこだわると売れにくくなる

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、不動産を売却する時の価格設定時の陥りやすい心理についてご紹介します。

鈴鹿市では地価が下がり続けているので、購入した金額では売却できないケースが多い

数十年前に購入した土地を売却するにあたって、価格の査定をしてもらい、売り出し価格の設定をする際に、損をしたくないとの心理から相場とはかけ離れた売買価格を希望されるケースがあります。

購入した時期にもよりますが、鈴鹿市の地価は数十年前と比べてかなり下がっています。全体の相場以外でも、人気のある所とそうでないところの差が大きくなっており、購入した時の価格で売却できるケースはほとんど無いでしょう。

その土地を利用してきた間に多くの便益を受けているはずなので、そのこともふまえて冷静に考えることが大切です。

自らの考えにこだわらずに、購入検討者の視点で冷静に考えることが大切

商品として土地を売りに出す際には、「購入を検討している方の視点」が無いと売却は困難なものになるでしょう。自らのこだわりが、「売却する」という目的の足かせにならぬように注意することが大切です。

はぎわら不動産㈱では、お客様と売却の目的を共有して、丁寧にアドバイスをしながら進めております。鈴鹿市で土地の売却を考えている方はお気軽にご相談ください。

 

はぎわら不動産㈱

鈴鹿市矢橋三丁目5番23号

関連記事一覧

PAGE TOP