はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で土地を高く売るコツ④ 境界を確定する

土地を販売するときに境界を確定することはとても大切です。本来境界が確定していなければ取引ができません。

隣地との境をはっきりさせる

ここで説明する境界確定とは測量を正確にすることを指すのではなく、隣地所有者と敷地の境をはっきりさせることです。隣地との境界を確定することで、境界にまつわるトラブルの可能性を無くすことが出来ます。購入を検討している方にとってはとても大事なことなので、土地の商品としての価値を上げるためにしっかり理解しておきましょう。yjimage[2]

隣地所有者との合意が必要

測量図があるので大丈夫と思っていたり、境界杭がちゃんとあるので問題ないと考えがちですが、測量図があっても、境界杭があっても、それを隣地の方が認めていなければ境界は確定していません。売主が買主に「ここが境界です。」と説明しても、その根拠に「隣地所有者との合意」が含まれていなければ不完全であり、トラブルの可能性は残っていることになります。

境界標がなければ境界確認を行うのはもちろんですが、境界標があっても改めて隣地所有者と境界確認を行っておく必要があります。できればその証として境界確認書を作成することが望ましいでしょう。

確定測量を専門家へ依頼すると安心

土地家屋調査士へ依頼する確定測量には、正確な測量と境界確定、境界確認書作成の要素がすべて含まれています。境界の認識の食い違いがあっても、測量の根拠で合理的な判断が出来ますし、所有者と思っていても権限のない方に確認していたというような失敗がなくなります。はぎわら不動産㈱では販売前に確定測量を行うことをお勧めしております。

 

~鈴鹿市の土地売却は、はぎわら不動産㈱までご相談ください~

関連記事一覧

PAGE TOP