はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で土地を高く売るコツ⑩ 物件情報と共に土地の良さを届ける

前回は土地の情報を広く購入検討者へ届けることをお伝えしました。今回は届ける情報の中身についてお伝えします。併せて、はぎわら不動産㈱ではどのように広告活動をしているかを紹介いたします。

広告の内容は媒体によって変化をつける

広告はどのような種類の広告なのかで、強調する内容を変えていく必要があります。
新聞折り込み広告やポスティングチラシは不特定多数の方に広く知ってもらえることが特徴ですが、興味のない方には全く見てもらえないので、先ずは不動産を購入することに興味をもってもらうことを重視した内容が効果的です。

インターネットは、検索して閲覧してもらっているので、すでに売り土地に興味がある方です。その為、写真などを含めその土地の正確な多くの情報を載せていきます。

現地看板は実際に現地を見て頂いているのが特徴です。看板には多くの情報を見てもらうことに繋がる検索キーワード(会社名など)を強調したり、電話番号を載せて気軽に問い合わせをしてもらえるようにします。

土地の価値をメッセージにして載せることで説得力をもたせる

どのような広告でも大切と考えていることは、正確な情報を届けることと、その土地の良さを併せて載せることです。客観的に見て駅が近い、日当たりが良いなどの良さは業者の視点で思いつきますが、長年利用してきた売主様が感じている対象不動産の良さを載せることで届ける情報にとても説得力と個性が出ます。

客観的にみるとどんな物件にも欠点はありますが、そのマイナス要素にもこんな工夫をすれば良いといったメッセージがあれば、より多くの購入検討者に前向きに検討してもらえると思います。この部分は売主様だからこそ伝えれることなので、土地の価値を引き継ぐ意味でもとても大切な要素だと感じています。

 

~鈴鹿市の土地売却は、はぎわら不動産㈱までご相談ください~

関連記事一覧

PAGE TOP