はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で土地を高く売却する方法

こんにちは、はぎわら不動産(株)の萩原です。

今回は、鈴鹿市で土地を高く売却する方法をお伝えします。

高く売却する方法を売主が知ることが大切

土地を売却する時に「できるだけ高く売りたい。」と考えることは皆様共通のようです。売却相談へ来られるほとんどの方が1番に希望することです。

しかし、そのためにどうすればよいのか分からずに不動産会社任せにしている方が多いのではないでしょうか。一括査定サイトを利用してなるべく高く査定してくれる業者を求めたり、「高く売れますよ。」という営業トークをうのみにしてしまうケースが多いようです。

土地を高く売るためには、不動産業者に任せるだけではなく、売主自身が「売り方」を知り、実行する必要があります。そしてその「売り方」をサポートしてくれる不動産会社をパートナーとして選択することが大切です。

土地を「商品」にするという視点

鈴鹿市の土地を高く売るためには、売却する土地を「商品」にするという視点が最も大切です。高く売却するためには、土地を購入して新たな建物を建築して家族の生活拠点にしようと考えている方に、真剣に検討してもらう必要があります。このため購入検討者の視点に立ち、土地の価値を上げることが重要になります。

相続をした土地に古い建物が残っている場合は、売主としては面倒なのでそのまま売却をして買主側で解体なども行ってほしいと考えがちです。雑草などの管理もおろそかになります。しかし、購入を検討している方にとっては、分譲地のようなできるだけ綺麗に整っている土地のように、建物がすぐ建てられる土地を求めています。新生活をイメージしながら土地を検討しますが、古い建物が残っているだけで第一印象が悪くなり、それだけで新生活の拠点として検討してもらえないこともあります。

その他、権利関係が複雑な状態でトラブルの可能性が残っている土地をわざわざ購入しようとしないので、隣地との境界確定が確定しておらず、越境があったり、整地されていない、地中に埋設物が残っているかもしれないと思われるような状態では「何か問題が出てくるかもしれない」と不安になり前向きに検討してもらえなくなります。

安心して新生活をイメージできるようにすることが大切

土地の購入を検討している方は初めての方がほとんどです。安心して新生活をスタートできる土地を求めていますので、同じ地域に完成宅地の分譲地が有れば一番に検討するのはハウスメーカーや不動産業者が販売している完成宅地となります。それは「安心できること」と「新生活をイメージしやすい」からでしょう。

あなたの売却する土地は、購入検討者から見て安心できる土地ですか?新生活をイメージしやすいですか?

このように売却する土地を見直していくと、できることは沢山出てきます。

これからの時期は草もどんどん伸びてきます。ほとんど管理されていない土地の場合は、草を刈って購入検討者が見に来た時の第一印象を良くし、新生活をイメージしてもらえるようにしましょう。越境物がある場合は越境物が無い状態にしましょう。その他マイナスイメージになる要素がないかチェックして解消しておくことが大切です。

「商品」になっていない土地を、分譲地のような完成宅地と同じ価格や条件で売却できることは、ほとんどないことを知りましょう。購入を検討している方の視点で考えると、自然にどのようにすれば高く早く売却できるのかが分かってきます。少しの手間をかけることで商品としての価値はとても上がります。

お金の問題もありますので、完成宅地にする必要まではありませんが、土地の状態、権利関係、情報提供等の要素を、できるだけ分譲地に近づけることが高く売却することの近道です。

 

関連記事一覧

PAGE TOP