はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市で親名義の不動産を売却するときの注意点

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、不動産売却を検討しているが、親が名義人となっている場合の注意点を紹介します。

親がすでに他界して、名義変更が済んでいない場合は、相続登記の手続きをすればよいのですが、健在の場合は、意思能力、判断能力の有無が重要になります。

家族だけではなく、所有者(登記名義人)に売却の意思があることが重要

売却の依頼を受ける中で、売却の依頼者は息子さんか娘さんで、所有者が親というケースは良くあります。高齢なので売却のやり取りは家族の者が代わりに行うことで間違いや負担を減らそうとの心遣いだと思います。

はぎわら不動産㈱では媒介の依頼を受けた時に、所有者の意思能力を確認しています。売買当事者はあくまでも「不動産の所有者であり、売却の意思がある人」になります。意思能力、判断能力があいまいなままで売買契約に至ると、後から親族の方から「意思能力が無かったら売買契約は無効だ。」と訴えられるなど、トラブルの原因になります。

意思能力、判断能力があいまいな場合はトラブルになる危険性があるので、慎重に確認する必要がある

意思能力、判断能力の判断は言葉のやり取りの中で確認しますが、あいまいだなと感じたら司法書士の先生に依頼して面談をしてもらいます。それでも微妙な場合は医師の診断書などが必要になります。家族の同意を経て、成年後見人制度を利用して売却する方法もあります。

いずれにしても、あいまいなままで取引を進めると大きなトラブルになることがあるので注意が必要です。はぎわら不動産㈱では安心・安全な取引をサポートさせて頂いておりますので、お気軽にご相談ください。

 

~鈴鹿市の不動産売却は、はぎわら不動産㈱まで~

鈴鹿市矢橋三丁目5番23号

 

関連記事一覧

PAGE TOP