はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市の不動産売却「高価買取」を希望する人の注意点

高価買取は高く売却できる方法とは違う

鈴鹿市で土地や中古住宅の売却をご検討の方は、「高価買取」というキャッチフレーズに魅力を感じて手続きを進めていしまいがちですが、この「高価買取」の意味をよく理解して進めていくことが大切です。

自動車の売却時に一括査定をしてもらい一番高い業者へ売却する方法があります。不動産の売却をこの自動車の売却と同じように考えていると高く売却することはできません。

何故なら、不動産の売却は、業者へ買い取ってもらうよりも、仲介で売却する方が高く売れるからです。

仲介売却とは、不動産会社へ買ってもらうのではなく、間に入ってもらって買主を探してもらい、売買契約を成立させるものです。直接利用する人が買主になるので、中間マージンが発生せず最も高く売れる仕組みとなります。デメリットとしては仲介手数料が発生することですが、手数料を払っても「買取り」よりはるかに高く売却できます。

「高価買取」とは不動産会社が購入して、その後住宅の場合はリフォーム、土地の場合は整地などをして、不動産会社が利用する人へ販売する方法です。この場合は、不動産会社の経費や利益が必要となるため、売れる価格から経費と利益分を当初購入する価格から差し引く必要があり、売主にとっては最も売却価格が下がるシステムです。

買取りをしてもらうメリットとしては、早く売却できる、近所にあまり知られずに進めることができる、手間が省けることなどがあります。

買取りの場合は仲介での売却の半分以下になることもある

中古住宅の場合では、仲介での売却と比較すると、買取りの場合は半額以下になることがあります。1000万円程の中古住宅を不動産会社が購入して再度販売するためには、リフォーム費用、登記費用などの費用、利益などを引いていく必要があり、買取価格は400万円から600万円ほどにしないと業者としては儲けが出ません。

「高価買取」とは最も高く購入してもらうことではなく、不動産業者が買い取る場合に、その相場の中で「高価買取」をしますとのキャッチフレーズなのです。

仲介売却の場合でも、一括査定サイトがあり、最も高く査定してくれた不動産会社がその金額で購入してくれると勘違いしている方が多いようですが、この場合は、買い取ってくれるわけではなく、その価格で仲介売却を進めるというだけです。その価格で売れなければ価格を下げて売却することになるので、高く売却する目的とはつながらないことを知っておくと良いでしょう。

このように「高く売りたい」=「高価買取」ではないことに注意して売却を進めていくことが大切です。

もっとも高く売却する方法は、高く売れるノウハウと販売戦略を持っている仲介会社へ依頼してサポートをしてもらうことです。

不動産売却でもう一つ大切なことは、高く売却することだけにとらわれずに「安全でトラブルのない取引」を行うことも大切です。後から損害賠償請求をされると結局は高く売却できなくなるのでそのような視点も重要です。

 

~鈴鹿市で土地売却・空き家売却、中古住宅売却をご検討の方は、はぎわら不動産㈱へお気軽にお問い合わせください~

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP