はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市の土地売却 古家は先に解体するか契約後に解体するかどちらが良い?

高く売却するためには先に解体する方が良い

鈴鹿市の土地売却で、敷地内に古い建物や擁壁などが残っている場合があります。このような場合に、先に解体する方が良いのか、それとも売買契約を締結してから解体をする方が良いのか質問されることがあります。

よくあるのが、そのままの状態で販売して、売買契約を締結してから「売主の責任で解体して買主に引き渡す」というものです。

この場合は、売買金額や条件等すべて決まってから「買主へ引き渡すために解体する」ということになります。売れるかどうか分からないのに、先にお金をかける必要が無く、解体費用は売れたお金から払えばよいので売主にはメリットがあります。先に解体すると販売期間中に雑草が伸びたりしてそれを管理する必要がありますがそのような手間もかからないのでこの点でも売主にメリットがあります。

しかし、はぎわら不動産㈱では、「先に解体する方が良いですよ。」とアドバイスをしています。これは買主へ引き渡すためではなく「高く売却するために解体する」という考え方です。

土地を購入する人は、その土地に建物を新築して住むことを目的としているので、周辺環境やその土地のロケーションはとても大切な要素です。購入を検討している買主が現地に来た時に、古い建物や擁壁、管理されていない植栽等が残されていると第一印象がとても悪くなります。

きれいに解体されて整地されている分譲地であれば、その土地に自分たちの描いた建物をイメージすることが楽しくなりますが、古い建物が残っていたりするとどうしても「見た目のイメージ」がその土地のイメージになってしまいます。そして「建物などが解体された後の土地の状態が分からない」ことや、「解体したときの瓦礫等が地中に残されないか」、「奥の土地との境界はどうなっているのだろう」など「分からない・不安・面倒」などといった印象が先になり他の「安心できる土地」を探すようになっていしまいがちです。

このように購入を検討している買主が何を求めているかを知り、「買主が求めている土地」に近づけることが土地を高く・早く売却することに繋がります。

買主はそのまま安心して建てられる土地を検討している

売主にとっては、買主が決まってから解体を含め様々な手続き等を進めたいと考えがちですが、高く売るためには買主の視点に合わせて進めていくことが大切です。

買主にとっては「契約後に解体します」との条件付きで古家が残ったままの土地と、解体して整地されている土地では価値が全然違います。解体したときに地中から発見されるものがあったり、隣接地との境界にブロックの基礎が発見されたりとトラブルの原因となるものが出る可能性を考えると、先に解体をしてそのような想定外の事態も事前に解消してから「全く問題のない土地です」として販売する方が買主側にはアピールできます。

 

買主が求めているものは「そのまま安心して建物が建てられる土地」です。検討している時点で境界がはっきりしていない、越境物がある、地中埋設物の可能性がある、解体中に何があるか分からない、などの問題が「無い」ことが重要です。

 

鈴鹿市の土地売却で古家があるときは、売主側が「そのまま」売却するのではなく、買主が「そのまま」建物を建てられるように「売却不動産に価値を持たせる」ことが高く・早く売却する近道になることを知っておくと良いでしょう。

 

~鈴鹿市で土地売却・空き家売却、中古住宅売却をご検討の方は、はぎわら不動産㈱へお気軽にお問い合わせください~

関連記事一覧

PAGE TOP