はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市の市街化調整区域で建物が建てれない土地と建てれる土地の違いは?

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、市街化調整区域の中で、建物が建てれる土地と、建物が建てれない土地の違いをお伝えします。

昭和46年に都市計画の線引きで市街化を抑制する地域に設定された調整区域

鈴鹿市の都市計画で市街化区域と市街化調整区域の線引きが行われたのは昭和46年です。この線引きによって、無秩序な状態から鈴鹿市の街全体を計画的に住みよい街として整備していくことになりました。

すでに市街地が形成されている地域及び今後市街化を形成していくことが望ましいとされる地域が「市街化区域」、市街化を抑制して自然環境を保護していく地域が「市街化調整区域」と定められました。

この線引きにより市街化調整区域には原則として建物を建てることが出来なくなりました。しかし現在市街化調整区域の中で建物を建てても良い土地があります。

昭和46年に建物(居宅)が建っていた土地は今後も建物が建てれる

それは昭和46年の線引き時に住宅としての建物が建っていた土地です。突然市街化調整区域になってしまい今後家の建て替え出来ないことになると、そこに住んでいた人が困るので、線引き時に建物を建てて住んでいた人やその家族を保護する目的があるようです。

以前は「既存宅地」と言って昭和46年以前に宅地になっていれば建てれたようですが、現在は昭和46年の線引き時に建物が建っていたかどうかを閉鎖謄本等で調べ判断されます。昭和46年以前には建物が建っていたが取り壊してしまっていて昭和46年は建物が存在していなれば地目が宅地てあっても建物は建てれないことになります。

市街化区域と比べると単価が低く、広い土地を購入したい方や、土地を安く購入したい方には魅力的ですが、建物がちゃんと建てれるかどうかをチェックする必要があります。

そして建物が建てれるとしても、分筆するための要件や、2件建てる時の要件など市街化区域とは違う要件があるので、土地を購入して目的の建物が建てれることを細かく調査することが大切になります。

 

鈴鹿市の市街化調整区域の中には駅近で日当たりも良く市街地に近くて便利な場所があります。

はぎわら不動産㈱ではお客様に無理のない予算でマイホーム購入を実現することをアドバイスしていますので、土地を安く購入するためのアイデアとして調整区域の中から土地をご提案させていただくこともあります。

「調整区域は家が建てれない」と考え希望地域から外している方は一度市街化調整区域も視野に入れて探してみてはどうでしょうか。

 

~鈴鹿市で市街化調整区域の土地の売買、売却をご検討の方は、はぎわら不動産㈱へお問合せ下さい~

関連記事一覧

PAGE TOP