はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市不動産売却時に住宅インスペクションに瑕疵保険をプラスすると更に安心

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は中古住宅の瑕疵保険についてご紹介します。

これまで中古住宅の売買のネックになっていた「建物の構造など見えない部分の状態を」住宅インスペクション(専門家によるチェック)を受けることで改善されるようになってきています。

中古住宅にも購入後の保証が付けれるようになった

しかし、新築住宅にはあって中古住宅には無かったものに「購入後に不具合や欠陥が出てきた場合の保証」がありました。新築住宅はハウスメーカーなどの業者なので保証は出来ますが、中古住宅の場合は売主が個人の場合、保証するのは実際困難です。このような理由から安心な新築住宅を検討する方も多いと思います。

「中古住宅にも保証があれば良いのに。」とのニーズに応えるものが瑕疵保険です。瑕疵保険は住宅インスペクションとセットすることで保証される仕組みで、検査を実施した機関が最大5年間、支払い限度額1,000万円まで保証してくれる仕組みになっています。保証される部分は、原則として検査の対象となる「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」です。

建物の検査により住宅の状態が分かり、さらに不具合が発生した場合には保証してもらえる仕組みが買主様にとって「大きな安心感」に繋がると思いますので、はぎわら不動産㈱では安心・安全な取引の為にも住宅インスペクション+瑕疵保険のセットをお勧めしております。

 

~土地売却、不動産売買のご相談は、はぎわら不動産㈱まで~

鈴鹿市矢橋三丁目5番23号

関連記事一覧

PAGE TOP