はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市土地売却時の雑草の管理方法

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は、鈴鹿市で土地売却中の売主様へ雑草の管理方法についてご紹介します。

鈴鹿市は住宅密集地ではないので、日当たり、通風がよく雑草の成長には良い環境と言えます。土地を売り出し中の雑草の管理は売主様の仕事になる為、困っている方も多いのではないでしょうか。

草が伸びる時期は雑草の管理が売却に大きな影響を与える

以前から何度か紹介していますが、雑草の管理を怠ると、たちまち見た目の印象が悪くなり、土地を見に来た方に良いイメージで検討してもらえなくなるので、雑草の管理は、早く、高く売却するためには欠かせない要素になります。

実際に雑草を管理する方法としては、①こまめに草を抜く、②生えたらすぐに除草剤を散布する、③草が生えてきたら早めに刈る、④草が伸びてきてから刈る、⑤草が伸びてきてから除草剤を散布するなどの方法があります。

最もよい方法は早めに刈ること

①の草をこまめに抜く作業は土地が広いととても手間がかかり過ぎで難しいのと、土の状態だと表面の土が風で飛んで土地の表面が次第に石がゴロゴロとした状態になっていくデメリットがあります。

②の少し生えたら除草剤を散布する方法は、隣接する住宅に配慮する必要がありますが、根っこから刈れるので、次に伸びてくるまでに期間が開き効率的で良い方法です。

③草が生えてきたら早めに刈る方法は、はぎわら不動産では最もお勧めしている方法です。早めに刈ることで作業もすぐ終わりますし、除草剤のように草の色が変わらず自然な印象になります。表面の土も飛ばないですし、芝生に似たイメージになるので、見た目が最も良いと思います。

④の伸びてきてから刈るのは、伸びている間は荒れ地に見えて印象が悪いですし、伸びてから刈るのは作業が大変なのでお勧めしません。

⑤の伸びてから除草剤を散布する方法は一番悪い方法です。除草剤散布しても、伸びた状態で色が変わるだけでそのまま残ってしまいます。管理を怠っていたのがそのまま表れますし、荒れている状態とそんなに変わらないので印象は良くならないでしょう。

売却の為のアドバイスを提供しております

除草剤を利用する、草を刈る、どちらの方法でも草が伸び始めたら早めに対処することが大切です。はぎわら不動産では売主様にアドバイスをさせて頂き、より早く、高く売却できるようサポートさせて頂いております。

 

鈴鹿市で不動産売却をご検討の方はお気軽にご相談ください。

鈴鹿市矢橋三丁目5番23号

 

関連記事一覧

PAGE TOP