はぎわら不動産からのお知らせ

鈴鹿市空き家相談会に相談員として参加しました

こんにちは、はぎわら不動産(株)の萩原です。

今回は、9月28日に行われた、鈴鹿市の空き家相談会へ相談員として参加したことをお伝えします。

空き家を持っている方が多く相談に来られました

鈴鹿市と空き家ネットワークみえ共催の、鈴鹿市空き家相談会は毎年1回開催されています。今年も「鈴鹿市男女共同参画センター ジェフリーすずか 3階ホール」にて、数十組の方がお越しになり、多くの方が相談に来られていました。

私は今回初めて宅地建物取引業協会の相談員として、相談に来られた方の相談を受け様々なアドバイスを行いました。

亡くなられた方の家が空き家となり、その空き家を相続された方が、どのように活用・処分したらよいのか分からず、しかも相談できる場所が分からず困っている現状に考えさせられるものがありました。相続登記や境界確定、建物解体、売却後の税金など、宅建業者、司法書士、土地家屋調査士、建設会社、税理士など空き家を活用・処分する時には多くの専門家が必要となります。初めての方には難しく厄介や問題なので「しばらくは放置される」といった状況がおきやすい理由でもあるのではと感じました。

ある県外から来られていた方は、空き家をこのまま放置しておいてはいけないとの問題意識はしっかり持っていても、信頼して相談できる不動産会社が分からずに困っているようでした。市の相談会に遠方から来る行動力がある方でも、不動産会社に相談の電話1本することをためらうほど、「不動産会社に相談する」という行動は敷居が高いのかと痛感しました。それだけ業界全体のイメージが「信頼できる」「安心できる」といったものからかけ離れているのだなと考えさせられました。

我々宅建業者が、鈴鹿市の不動産売買、不動産売却のサポートを行う際に、親切に丁寧にそして安全な取引を心がけて業務を行っていくことで、少しでも多くの方が安心して相談できる環境をつくっていければ、空き家問題の解決にも繋がるのではと思いました。

 

今回の「鈴鹿市空き家相談会」についても、年々増えていく空き家問題を少しでも解決していくための1つの方法としてとても有効な取り組みなのではと思いました。来年も開催する予定のようなので、安心して相談できる場所が無い方はぜひ利用されることをお勧めします。

関連記事一覧

PAGE TOP