はぎわら不動産からのお知らせ

隣家への引き込み電線が敷地内を通っている場合は越境物?

こんにちは、鈴鹿市で不動産売買を専門に営んでいる、はぎわら不動産㈱の萩原です。

今回は隣家への引込み電線が我が家の敷地内を通っている場合は越境物になるのかをお伝えします。

隣家への引き込み線は越境物になります

隣家への引込み電線が敷地内の上空を通っている場合は越境物として認められます。敷地内の上空も所有者の所有権が及ぶので、所有権の無い方が許可なく使用している場合は権利侵害に当たります。

 

上空のことなのであまり関心が無い方が多いですが、建物建築で重機を使う際に邪魔になったり、植栽が大きくなった場合に当たる、カラスなどの野鳥が電線にとまり糞をされるなどの影響があります。

鈴鹿市の電線は中部電力が管轄なので、不動産売買の際に調査をして敷地内の上空を電線が通過しているようでしたら、中部電力へ連絡して越境の無いように移動してもらうことが必要です。

三重県では実質的に支障が無い程度に少々敷地内に入っていることが多い

先日もある土地の件で中部電力へ電線の移動をお願いをしましたが、「道路から電柱が少し入っているので、電線も少し敷地内に入ってもいいですか?」との相談がありました。三重県内や鈴鹿市の場合は地域性もあり、電線の越境に関してはあいまいさがある感じがします。電線が敷地内に入らないようにも出来るようですが、手間がかかる割に実質的には支障がないので、そのような状態が多くあるようです。

生活の上で支障がないようでしたら大きな問題は無いのですが、不動産売買の際は越境物は重要事項に含まれますので、はぎわら不動産㈱では敷地内を他人用の電線が通過しているようでしたら説明をしていますし、中部電力へ依頼して越境のない状態にするようにしています。

 

~鈴鹿市の不動産売買、土地売買をご検討の方は、はぎわら不動産㈱までご相談ください~

 

関連記事一覧

PAGE TOP