はぎわら不動産からのお知らせ

高く売りたいなら「高価買取り」ではなく「仲介」で売却する

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

鈴鹿市を中心に、土地売却・空き家売却・中古住宅売却など、不動産売却のサポートを専門に行っています。

今回は、不動産を売却するときに高く売りたいなら「高価買取り」ではなく「仲介」で売却することについてお伝えします。

高く売るためには利用する人に直接購入してもらう

不動産を売却するときに、ほとんどの方ができるだけ高く売却しようと考えますが、初めての売却で知識が無いため、実際には高く売る方法ではなく、安く売却する方法で売却してしまう方がいます。

その1つが不動産業者に「買取り」をしてもらうことです。

まずは「高価買取」というキャッチコピーにつられてしまい、その後「直接買い取るので仲介手数料は発生しません。」との営業トークでお得と感じてしまう方がいます。

実際には、不動産業者は購入した物件に利益を乗せて再販するので、安く購入しなければ商売が成り立ちません。即ち、中間マージンが発生することになり、売主にとってはかなり安い価格で売却することになります。

不動産の売却でもっとも高く売却する方法は「仲介」で売却する方法です。

仲介会社にサポートをしてもらいますが、売主は直接買主と売買契約を締結することとなり、中間マージンが発生しないので無駄がありません。仲介手数料が発生しますが、物件価格の3%+6万円+消費税の金額は、「買取り」で失う損失よりも大幅に安いので、すべての経費を差し引いた、実際に手元に残る「手取り金額」は仲介で売却する方が大幅に高くなります。

このことを知らずに、買取り業者に見積もりを依頼してしまうと、本当に一番高く売却する方法を知らずに売却してしまうことになるので気を付けましょう。

安全な取引という視点も大切

不動産業者を介入させず直接知り合い等に売却すれば仲介手数料も発生しないので、直接取引がもっとも高く売却できるのではと考える方がたまにいますが、この考えは危険です。

物件調査をしっかりして様々な法律等を把握し将来の利用にどのような制限があるか等、不動産売買には専門的な知識が必要です。そして条件および価格設定など契約時の取決めをしっかりしておかないと、後日「思っていた内容と違った」ということで大きなトラブルが発生する可能性が高くなります。

高く売却しても、後日トラブルになり、損害賠償となったら結局は手元に残るお金は少なくなってしまいます。仲の良い知り合いでも大金がからむ不動産売買時は、曖昧に進めていて後からトラブルになり険悪な関係になってしまうことがあります。

このように、不動産売却では後日トラブルにならないよう「安全に売却する」という視点も大切です。

不動産売却の時に高く売却したいと考えている方は、信頼できる不動産会社に依頼し、仲介手数料を支払って、安全な取引をすることをお勧めします。

 

~鈴鹿市で土地売却・空き家売却、中古住宅売却をご検討の方は、はぎわら不動産㈱へお気軽にお問い合わせください~

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP