不動産を売却する時の費用

不動産を売却する時の費用

不動産を売却する時には下記の費用が必要になります。

仲介手数料(物件価格×3%+6万円+消費税)

不動産会社へ支払う売買契約締結の成功報酬です。契約まで至らない場合は原則として費用は発生しません。

400万円未満の物件については、4%+2万円+消費税、200万未満の物件については5%+消費税となります。

印紙税(収入印紙代)

売買契約書に貼る印紙代です。売買金額に対して金額が変わります。

現在は、50万円以下は200円、100万円以下は500円、500万円以下は1,000円、500万円超~1,000万円までは5,000円、1,000万円~5,000万円までは10,000円となっています。

抵当権抹消費用、売渡証書の作成費用

司法書士へ支払う費用です。

譲渡所得税、住民税

不動産を売却して譲渡益(利益)が発生した場合はその利益に対して税金がかかります。売却価格ではなく、過去に購入した金額や諸経費を差し引いて発生した利益に対して課税されます。所有期間によって税率が違い、用途によって特別控除が設けられています。

確定測量費用

境界確定がされていない場合は、引渡しまでに境界確定を済ませる必要があるのでその費用です。土地家屋調査士に支払います。

住宅インスペクション、瑕疵保険費用

中古住宅の場合は、専門家による診断、調査を行い、第三者機関による保証を付けることによって安心という大きな付加価値をつけるメリットがあります。任意ですが弊社ではお勧めしています。

その他

住民票や印鑑証明書などの取得費用、撤去物がある場合はその費用、建物の解体費用、引っ越し費用、税理士へ相談する場合はその費用などが必要になります。

PAGE TOP