売却の流れ

売却の流れ

①売却の相談

お問合せフォームや電話にてお気軽にお問い合わせください。弊社から連絡させていただき、訪問日時を確認させていただきます。

②諸条件の整理

売却不動産の所有者の意思、判断能力、権利関係を確認させていただきます。その後売却不動産の情報や境界確定の有無、引き渡しの希望時期、希望価格、広告方法の確認、物件の瑕疵の有無などを確認させていただきます。

下記書類をご用意いただけると査定がスムーズになります。

所有者の本人確認証明書(運転免許証など)
権利証(登記識別情報通知書)
登記簿謄本
固定資産税の通知書(評価証明書)
公図
地積測量図
購入時の契約書類やパンフレット
建物の設計図面、リフォーム歴の記録

 

③物件の調査

〇現地調査

境界標の有無、越境物の確認、電気、ガス、水道、排水設備の調査、接面道路の状態と幅、撤去物の有無などを調べます。

〇法令調査

都市計画、用途地域、道路の種類などを市役所、法務局、上下水道局などで調べます。

④価格査定

客観的な不動産市場での価格を算出します。公示価格、路線価、固定資産税評価額、近隣の取引事例、建物の場合は減価償却率やリフォーム歴、その他日当たり、道路、周辺施設、環境、流通性などを考慮して算出します。

⑤媒介契約の締結

売却条件の整理をし、売り出し価格を設定して実際に売却活動を始める時は、弊社との媒介契約を締結します。媒介とは仲介のことで、弊社が売主様、買主様の間に入り、売買契約の斡旋、調整などをすることです。この媒介契約時には費用は発生しません。

媒介契約書には、対象不動産の表示、価格、弊社が購入者を探し売買契約締結に向けて努力すること、売買契約締結に至ったときには仲介手数料(3%+6万円+消費税)が発生することなどの取り決めがあります。

⑥売却活動、広告

事前に打ち合わせた内容で売却活動を行っていきます。現地の手入れ、看板設置、不動産流通機構やインターネット、チラシなどの広告、訪問アプローチなどの活動があります。

⑦物件案内

購入検討者への現地案内の際に、正確で的確な情報提供を行い、客観的なアピールポイントをお伝えします。その他に、売主様の長年利用されてきた中で実感する物件や環境などの良いころや、マイナス要因への対処の工夫などをセットにしてお伝えすることで、より説得力のある提案が出来ると考えております。

⑧条件交渉

購入申込書を通して購入の意思表示を頂く中で、様々な条件が付いてきます。その内容をお互いが納得できるよう、公正に、慎重に、丁寧に合意点を見出してゆきます。条件の内容には、価格、引き渡しの時期、手付金の額、引き渡しの状態、瑕疵担保の有無及び期間などがあります。

⑨重要事項説明

宅地建物取引業法の規定に基づき、宅地建物取引士から、取引の対象となる不動産の詳しい情報や価格、取引条件など、不動産売買における重要な事項を書面にて説明させていただきます。分からないことは質問をしていただき、充分に納得して頂くことを目的としています。

⑩売買契約の締結

重要事項説明を経て、売主及び買主の売買の意思が固まったら売買契約の締結をします。重要事項と重複する部分もありますが、対象不動産の表示、価格、取引条件など互いに取り決めた合意内容を書面にて確認し、署名捺印します。その後手付金の授受となります。

⑪決済、引渡しの準備

契約の締結後は決済、引渡しの期限までに売主は、取り決めた条件で引き渡しが行えるよう準備をします。具体的には、境界確定、越境物の撤去、抵当権の抹消や所有権移転登記の為の書類の準備があります。建物の場合は、引っ越しの準備やインスペクション、瑕疵保険などの手続きがあります。買主は残代金が支払いの為、住宅ローンの申し込み、契約などの出続きを行います。

⑫決済、引渡し、所有権移転登記

売買契約に基づき、売主は取り決めた条件を整え、買主は売買代金から手付金を差し引いた残代金を支払い、不動産の所有権を移転します。銀行で振込を行い清算後に領収証や引継ぎ書類、鍵などの引き渡しを行います。その後、所有権の移転に伴いその権利を保全するため司法書士が移転登記を行います。

PAGE TOP