はぎわら不動産からのお知らせ

不動産売却は買取りと仲介で売却方法が大きく異なる

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

鈴鹿市を中心に、土地売却・空き家売却・中古住宅売却など、不動産売却のサポートを専門に行っています。

今回は、不動産売却は買取りと仲介で売却方法が大きく異なることについてお伝えします。

不動産会社へ買ってもらうか、不動産会社へ依頼して個人へ購入してもらうか

土地売却や中古住宅売却など、不動産の売却は初めての方が多く、基本的なことでも結構知らない方がおられます。車を売却するときのように、複数の買取り業者へ見積もりを依頼して、一番高く見積もってくれた業者へ依頼すれば良いというようなイメージを持っている方もいます。

不動産の売却については、不動産会社に直接買い取ってもらう「買取り」と、不動産会社にサポートしてもらって個人の方に購入してもらう「仲介」の2つの方法があります。

どちらの方法でも不動産会社へ依頼するので違いが分からず、とりあえず高く見積もってくれた業者へ売却を依頼するという方がいますが、売却方法と、見積金額、査定金額などの仕組みを知ったうえで売却を進めていかないと、思っていたのと全然違ったということになる可能性があります。

特に不動産売却では「できるだけ高く売りたい」という希望が圧倒的に多いので、高く売るための売却方法や、どのような業者へ依頼するのが良いのかを知っておくと良いでしょう。

売却方法の「買取り」と「仲介」では、高く売れるのは「仲介」です。買取りの場合は不動産会社が再販するため中間マージンが発生します。そのため買取り価格を下げないと不動産会社は赤字になってします。必要な経費と共に不動産会社が得る利益分も含めて仕入れ価格を下げる必要があるので、売却金額はどうしても下がる仕組みになります。

一方、仲介は購入して利用する方に直接売却するため、不動産会社の利益や経費などの中間マージンが発生せず、「買取り」よりも高く売却できます。不動産会社には仲介手数料として3%+6万円+消費税を支払う必要がありますが、その金額を差し引いても不動産会社へ売るよりはるかに高く売却できます。

買取りのメリットとしては、仲介のデメリットである、

・売却に時間がかかる

・売却時期の見通しが立たず計画的に売却できない

・管理などの手間がかかる

といった要素が無くなり、仲介よりも早く、簡単に売却できることです。

早く処分したい場合や、手間をかけるよりも簡単に売却したいときは、複数の不動産会社へ見積もりをお願いして、一番高く購入してくれるところへ売るのが良いでしょう。この場合の不動産会社からの提示価格は「見積り金額」になります。

しかし、契約条件で大きな担保責任を負担しなければいけないような内容であれば、後日トラブルになる可能性があり、結局手元残るお金は少なくなることになるので注意が必要です。

時間や手間はかかるが、できるだけ高く売却することを優先する場合は、「仲介」で売却する方が良いでしょう。この場合不動産会社からの提示価格は「査定価格」となります。査定価格はその金額で売れる金額とは違い、「売却できそうな金額」であり単なる予想です。売却依頼を受けるために、高い査定価格を提示する業者が多いので、依頼する側としては高く査定してもらうことにこだわらないように注意しましょう。高すぎる金額で販売しても、全然売れずに値下げを繰り返して、結局は高く売れなかったというケースになってしまう可能性があります。

仲介で売却するときには高く査定してくれる不動産会社ではなく、信頼できる不動産会社を探すことの方が大切です。売却不動産そのものや、地域性などしっかり調査をして、特徴を把握したうえで、どのような方法で販売すると良いのかを丁寧にアドバイスしてもらえるような担当者を見つけると良いでしょう。

 

~鈴鹿市で土地売却・空き家売却、中古住宅売却をご検討の方は、はぎわら不動産㈱へお気軽にお問い合わせください~

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP