はぎわら不動産からのお知らせ

不動産購入の注意点 個人間売買の価格交渉は慎重に

こんにちは、はぎわら不動産㈱の萩原です。

鈴鹿市を中心に、土地売却・空き家売却・中古住宅売却など、不動産売却のサポートを専門に行っています。

今回は、不動産購入の注意点として、個人間売買の価格交渉は慎重に行うことについてお伝えします。

業者が売主の場合の値下げ交渉とは違う

土地や中古住宅の購入を検討している方は、良い物件が見つかり、いざ購入をしようと考える時には、販売されている価格よりもできるだけ安く購入したいと考えるのではないでしょうか。不動産売買の場合は、少しの値下げでも数十万円もお得になるので、価格交渉は大きな関心ごととなります。

しかし、価格交渉で失敗すると交渉どころか、物件購入ができなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

売主が業者の場合は、大きな値引き交渉をしても相手はプロなので慣れています。こちらの要望を一方的にぶつけても、まずは受けてもらい粘り強く落としどころを探る価格交渉は可能です。

しかし、売主が個人の場合、同じようにこちらの希望を一方的にぶつけるような価格提示をすることはお勧めしません。

先日は、他の不動産業者を通じて800万円の土地に対して650万円の金額で購入申し込みをされたお客様がおられました。150万円の値下げということになります。まずは大きな値引き価格を提示して、売主の回答をもらって互いに妥当な金額で決着をつけようとしたのでしょう。

価格交渉どころか取引相手として拒否される

このような場合、売主はとても失礼に感じます。「あなたの不動産の価値はそんな金額ではなく、この金額ですよ。」とのメッセージとなるのです。

長年利用してきた土地で愛着もあり、価値があると考えている売主は、できるだけ高く売却したいと考えていると同時に、土地そのものの価値を感じてくれる買主に引き継ぎたいとも考えています。

足元を見るような価格交渉をしてくる買主は、土地そのものではなく、「価格が安くなるならこの土地でもいいか」というような考えと受け止められます。

そして、そのように土地に価値を感じていない買主と取引すると、引渡し後に難癖をつけてくる可能性も高くなることを感じます。

150万円の購入申し込みの回答は、「お断りします。」とのことでした。価格交渉ではなく、価格が上がるようでも「そのような人には売りません」という意思表示です。

明らかに金額が高すぎて長期間売れ残っているような物件ならば、需要と供給が合っていないので、適正価格に下げてもらうことは考えとして間違っていませんが、できるだけ安く購入したいとの考えを一方的に相手側にぶつけるような価格交渉は、売主の視点を欠いていますので、そのような方法での価格交渉はしない方が良いでしょう。

はぎわら不動産㈱では価格交渉の前に、どれくらいの期間販売されているのか、価格は適正であるか、どのような取引条件か等を確認して、現実的な価格交渉の金額をアドバイスしています。売主が個人の場合は、特に失礼の無いように注意をしています。

売主が個人の場合、購入申し込みを行うときは、自分たちの希望を押し付ける方法ではなく、相手側も自分たちと同じ素人なので、相手側の視点も取り入れて、丁寧に、誠実に進めていくことをお勧めします。

 

~鈴鹿市で土地売却・空き家売却、中古住宅売却をご検討の方は、はぎわら不動産㈱へお気軽にお問い合わせください~

 

関連記事一覧

PAGE TOP